本文へスキップ
FSテクニカル株式会社
TEL. 03-5671-3134
〒125-0054 東京都葛飾区高砂1-22-15
FST工法に引続き、2017年度3月16日FSNBアンカーも国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されました。
FST工法&FSコラム工法 登録番号:KT-150123-VR

SSアンカーSuper Strong Anchor

SSアンカー

超高強度タイプSSアンカー亀裂対応型

拡張式拡底アンカーシステム:乾式ドリル又は湿式ドリルにより穿孔後、遠心ビットにより孔底部を拡張し、拡張式拡底アンカーを刺し込み、孔底部全面に拡張させる技術です。規定の穿孔長を確認する事によって、アンカー本体の抜けはなく全てがボルト破断となります。

  • 特徴

    ○孔底の拡張部に圧接する事により絶対に抜けない構造のアンカーです。

    ○アンカーの施工強度全てがボルトの最大引張荷重以上ボルト破断となる。

    ○孔底の拡張作業20秒以内である。

    ○亀裂が生じても抜け出ない。(亀裂対応力試験の範囲内)

    SSアンカー及び専用ビット 専用ドリル
  • SSアンカー品目
    M-10 M-12 M-16 M-20 M-22 M-24
    材質 SUS316 SUS316 SUS316 SUS316 SUS316 SUS316
    引張強さ 520N/㎟以上 520N/㎟以上 520N/㎟以上 520N/㎟以上 520N/㎟以上 520N/㎟以上
    降伏点 205N/㎟ 205N/㎟ 205N/㎟ 205N/㎟ 205N/㎟ 205N/㎟
    穿孔長 90㎜ 108㎜ 144㎜ 180㎜ 198㎜ 216㎜
    穿孔径 15φ 18φ 23φ 29φ 31φ 33φ
    拡張径 18.3φ 22.2φ 28φ 36φ 38φ 40φ
    最大引張荷重 47kN以上ボルト破断 61kN以上ボルト破断 105kN以上ボルト破断 185kN以上ボルト破断 204kN以上ボルト破断 240kN以上ボルト破断
    長期許容引張荷重 7.9KN 11.5KN 21.4KN 33.4KN 41.4KN 48.2KN
    長期許容引張荷重に対する亀裂対応力 試験
    準備中
    亀裂幅
    0~2.5㎜未満
    亀裂幅
    0~2.9㎜未満
    亀裂幅
    0~4.2㎜未満
    試験
    準備中
    試験
    準備中
  • 作業手順
    1.穿孔作業 ・振動ドリル、又はハンマードリルにより穿孔

    ・穿孔径、穿孔長は品目一覧の通り

    ・穿孔の深さを確認する

    2.拡張穿孔 ・専用ドリルにより拡張
    専用ドリル 作業時間
    M-10 T-612 15秒
    M-12
    M-16 T-1624 20秒
    M-20
    M-22
    M-24
    3.拡張幅の確認 ・拡張ゲージにより10穴ごとに確認をする
    ・M-10、M-12
    ・M-16~M-24
    4.アンカー打込み及び打込み確認

    ・M-10、M-12は1.3~1.5kgハンマーにより打込み

    ・M-16~M-24は2.0kg以上ハンマーにより打込み

    ・ノギスによりボルトの先端から外筒までの距離を確認する

    ・ボルト先端から筒表面までの距離
    M-10 49.5㎜以上 M-12 59㎜以上
    M-16 70.5㎜以上 M-20 84㎜以上
    M-22 90㎜以上 M-24 101㎜以上
    5.締付け ・対象物をトルクレンチにより指定荷重で締付ける ・締付け荷重
    M-10 80N/m M-12 80N/m
    M-16 120N/m M-20 120N/m
    M-22 140N/m M-24 160N/m

バナースペース

FSテクニカル 株式会社

〒125-0054
東京都葛飾区高砂1-22-15

TEL 03-5671-3134
FAX 03-5671-3090