本文へスキップ
FSテクニカル株式会社
TEL. 03-5671-3134
〒125-0054 東京都葛飾区高砂1-22-15
FST工法に引続き、2017年度3月16日FSNBアンカーも国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されました。
FST工法&FSコラム工法 登録番号:KT-150123-VR
FSNBアンカー 登録番号:KT-160150-A

基礎知識The Basics

ピンニング工法に関する基礎知識

 ピンニング工法は古くて新しい工法です。特に地震が多発する現在、 皆様を守る見直されるべき工法ではないでしょうか(「ピンニング工 法の基本的考え方」参照)

 弊社は国土交通省大臣官房庁営繕部監修『建築改修工事監理指針 平成28年版(上巻)』(一般財団法人建築保全センター、平成28年)(以下、『監理指針』と略す)にしたがいビル外壁の改修を行ってまいりました。この『監理指針』に忠実であろうとすればするほど、実際の現場に立ちその事象を目の当たりにしますと、指導内容にまだ至らぬ点が多々在るように思えてなりません。
 実際、『監理指針』も、3~4年毎に改定され、だいぶその内容も変更されてまいりました。「ピンニング工法」も多少の変更がなされてきたものの、しかしその内容は旧態依然のままであります。また、充填材として使用される接着剤は、ポリマーセメントスラリーを充填する場合もありますが、多く見られるのがエポキシ樹脂です。
 このエポキシ樹脂を充填するには2つの工法があり、その一つがアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法であり、もう一つがアンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法であります。しかし後者のアンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法は、あまり一般化されている工法とはいえません。
 したがいましてピンニング工法を説明するにあたり、前者のアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法を説明するのが、適切であると思われます。確かに、説明をアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法に限定するとはいえ、技術的には、両工法が充填部を壁面全体にするか、部分にするかの相違ですから、注入方法における技術的相違はありません。それゆえ以下のピンニング工法に関する基礎知識は、アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法にも、十分に利用されうるものと考えております。


                      目   次

1. ピンニング工法の基本的な考え方
2.タイル・モルタル外壁の主な種類 ――マンション等を初めとする
   2-1.PC 板の壁
   2-2.ECP(押出成形セメント板)にタイルを張り付けた壁
   2-3.ALC 板にタイルを張り付けた壁
   2-4.直に張り付けた壁
   2-5.RC 構造の壁
   2-6.モルタル壁
3.事前調査と決定事項
   3-1.事前調査
   3-2.1㎡当たりの施工本数と施工ピッチ
   3-3.エポキシ樹脂の注入量
   3-4.エポキシ樹脂の特性
   3-5.注入方法
4.使用機具
   4-1.乾式振動ドリル
   4-2.湿式低振動・低騒音型ドリル
   4-3.注入器具 -ノズルについて
      ・底部注入ノズルによる注入
      ・最深部注入のノズルによる注入
      ・『監理指針』の注入方法
   4-4.アンカーピンについて
      -丸棒上全ネジ切ピンとキャップ付全ネジ切ピンとの相違―
5.外壁剥離問題に対する近時の対策01 -注入口付アンカーピン
   5-1.『建築改修工事監理指針』における矛盾
   5-2.注入口付アンカーピンの問題点
      ・モルタル壁
      ・タイル外壁
   5-3.打撃を回避するための対策
6.外壁剥離問題に対する近時の対策02 -カバーリング工法の問題点
7.外壁剥離に対する喫緊の課題03 -剥離剤処理問題
8.おわりに



1. ピンニング工法の基本的な考え方

 巨大な重量のコンクリート建造物には応力・技術的要因・気候等の諸条件が重なり、経年的に建造物自体は劣化せざるをえません。その中でも特に影響を受けるのがコンクリート建造物の外壁であります。このコンクリート建造物を全体的観点から構造的に見た場合、構造体と呼び、その構造を抜きにしてコンクリート建造物を示す場合、たんに躯体と呼びます。
 一般に壁ないし外壁といわれるものは、この躯体にセメントモルタルやタイル陶片を張り付けたもので、張り付けた部位を、仕上げ部と呼び、私たちが一般に目にする外壁は、この仕上げ部をさしております。したがいまして躯体と仕上げ部とは一体化したものではありません。
 それゆえ上記の複合的諸要因が外壁に加わり、さらにこの外壁内部に剥離が生じていた場合、地震等による大きな揺れや振動が生じると、剥離部の空間を介して躯体部と仕上げ部とが別々の運動をおこし、衝突とその衝撃により、外壁が破壊され落下するのです。
 このような事態を避けるためには、躯体と仕上げ部とを一体化した外壁となし、仕上げ部を躯体と共振させることが必要となります。この一体化させる方法が、アンカーピンニング部分(全面)エポキシ樹脂注入工法です。工法の原理はいたって単純なもので、ドリルでタイル・モルタルの仕上げ部から躯体部30mmまで穿孔し、その穿孔穴と剥離した空隙部とに接着剤を充填します。そして最後に全ネジ切ピンを差し込んで外壁を一体化するというものです。この一体化により、躯体に亀裂が生じると、仕上げ部も同時に亀裂が生じます。これは決して工法の欠点ではなく、大きな重要な長所となります。
 なぜなら、これと対照的な工法が近年開発された「カバーリング工法」に見ることができます。これはパネル及びネット等で外壁を覆ってしまう工法で、地震対策に有効とされています。しかしこの工法は最初の本震に対する揺れには効果をもつものの、余震に対して改善策が提供されていません。もしも本震で躯体にクラック(亀裂)が生じ、余震でさらに亀裂が拡大し倒壊の恐れが発生しても、損傷部が被覆材によって隠されているため、目視によっては外壁の損傷状況を確認しようがありません。これがカバーリング工法とピンニング工法との最大の特長上の違いです。確かにこの既存のピンニング工法は、現在、古い工法とも見なされもしますが、健全な施工と修繕が行われさえすれば、常に目視をもって二次災害に迅速に対応できるもっとも確実な工法となるのです。
 以上のようにピンニング工法は、確実性をもつ原理的に単純な工法ではありますが、しかし穿孔する対象が硬い陶片やコンクリートであるだけでなく、外壁にも様々な種類があるため、一律に扱うことはできません。したがいましてまず外壁の主だった種類を知っていただき、ついで、上記の単純な作業手順にしたがい、ピンニング工法の説明をしていくことにします。また、下記以外の外壁については、添付資料01「タイル張り各種方法」を参考にしてください。


次のページ


バナースペース

FSテクニカル 株式会社

〒125-0054
東京都葛飾区高砂1-22-15

TEL 03-5671-3134
FAX 03-5671-3090