本文へスキップ
FSテクニカル株式会社
TEL. 03-5671-3134
〒125-0054 東京都葛飾区高砂1-22-15
FST工法に引続き、2017年度3月16日FSNBアンカーも国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されました。
FST工法&FSコラム工法 登録番号:KT-150123-VR
FSNBアンカー 登録番号:KT-160150-A

基礎知識The Basics

ピンニング工法に関する基礎知識

 ピンニング工法は古くて新しい工法です。特に地震が多発する現在、 皆様を守る見直されるべき工法ではないでしょうか(「ピンニング工 法の基本的考え方」参照)

 弊社は国土交通省大臣官房庁営繕部監修『建築改修工事監理指針 平成28年版(上巻)』(一般財団法人建築保全センター、平成28年)(以下、『監理指針』と略す)にしたがいビル外壁の改修を行ってまいりました。この『監理指針』に忠実であろうとすればするほど、実際の現場に立ちその事象を目の当たりにしますと、指導内容にまだ至らぬ点が多々在るように思えてなりません。
 実際、『監理指針』も、3~4年毎に改定され、だいぶその内容も変更されてまいりました。「ピンニング工法」も多少の変更がなされてきたものの、しかしその内容は旧態依然のままであります。また、充填材として使用される接着剤は、ポリマーセメントスラリーを充填する場合もありますが、多く見られるのがエポキシ樹脂です。
 このエポキシ樹脂を充填するには2つの工法があり、その一つがアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法であり、もう一つがアンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法であります。しかし後者のアンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法は、あまり一般化されている工法とはいえません。
 したがいましてピンニング工法を説明するにあたり、前者のアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法を説明するのが、適切であると思われます。確かに、説明をアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法に限定するとはいえ、技術的には、両工法が充填部を壁面全体にするか、部分にするかの相違ですから、注入方法における技術的相違はありません。それゆえ以下のピンニング工法に関する基礎知識は、アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法にも、十分に利用されうるものと考えております。


                      目   次

1. ピンニング工法の基本的な考え方
2.タイル・モルタル外壁の主な種類 ――マンション等を初めとする
   2-1.PC 板の壁
   2-2.ECP(押出成形セメント板)にタイルを張り付けた壁
   2-3.ALC 板にタイルを張り付けた壁
   2-4.直に張り付けた壁
   2-5.RC 構造の壁
   2-6.モルタル壁
3.事前調査と決定事項
   3-1.事前調査
   3-2.1㎡当たりの施工本数と施工ピッチ
   3-3.エポキシ樹脂の注入量
   3-4.エポキシ樹脂の特性
   3-5.注入方法
4.使用機具
   4-1.乾式振動ドリル
   4-2.湿式低振動・低騒音型ドリル
   4-3.注入器具 -ノズルについて
      ・底部注入ノズルによる注入
      ・最深部注入のノズルによる注入
      ・『監理指針』の注入方法
   4-4.アンカーピンについて
      -丸棒上全ネジ切ピンとキャップ付全ネジ切ピンとの相違―
5.外壁剥離問題に対する近時の対策01 -注入口付アンカーピン
   5-1.『建築改修工事監理指針』における矛盾
   5-2.注入口付アンカーピンの問題点
      ・モルタル壁
      ・タイル外壁
   5-3.打撃を回避するための対策
6.外壁剥離問題に対する近時の対策02 -カバーリング工法の問題点
7.外壁剥離に対する喫緊の課題03 -剥離剤処理問題
8.おわりに



6.外壁剥離問題に対する近時の対策02 -カバーリング工法の問題点


 本稿「5-1~2」において触れたように、劣化・損傷した外壁をシートやネットで覆う工法を総称的に「カバーリング工法」と呼び、このネットを固定する補助部材として使用されるのが上記の注入口付アンカーピンでした。

 具体的にいえば、ここでいうカバーリング工法とは、建築後、10~15年経過した構造体においてモルタルないしタイルが剥離した外壁を、ネット等で覆う改修方法を指していますので、決して新築の構造体に施すカバーリングではありません。したがいましてカバーリング工法の施工図は、必ずモルタルないしタイルの剥離部を明記した施工図でなければなりません。

 ところが多くみられる施工図には、この剥離部が明記されていないことが多いため、問題点が把握されにくくなっています。そこで、以下に注入口付アンカーピンを施したカバーリング工法の施工図を表記してみます。


*白色部は空隙
 上記の施工図を見れば分かるように、すでに触れた従来の注入口付アンカーピンでネットを張った場合、仕上げ部は破壊され、樹脂注入は注入不良を引き起こします。例えば地震による最初の衝撃は、この状態を想定すれば、おのずとエネルギーは4~5mm厚程度の仕上げ材の接合部とアンカー頭部に集中します。次いで、躯体とモルタル仕上げ部、モルタル仕上げ部と張りモルタル、張りモルタルとタイルが空隙を介して衝突を繰り返します。

 この事態に対し、壁面が一時的に落下しなければ良いというのでは、二次災害は避けられません。なぜなら最初の揺れに対し二度・三度と繰り返される地震において、どれ程の耐震性があるか判断できません。まして、躯体に大きな損傷が生じていた場合、如何にしてこれを判断するのでしょうか。壁面を被覆材によって覆っていては全く分からないのですから。

 この点において、壁面を金属パネルで覆うカバーリング方法も同様です。なぜならネットで覆おうと、金属パネルで覆おうと、一時的な外壁の落下を回避することはできますが、二次災害につながる躯体自体の損傷は判断することができません。したがいまして、これがカバーリング工法の最大の難点となります。

こうしたカバーリング工法に頼らぬ方法が在るとすれば、躯体と外壁を一体化する樹脂注入と、すでに本稿「3-2」で述べたモルタル厚の適正な設定ではないでしょうか。なぜなら仕上げ部と躯体が剥離し、モルタルに亀裂が生じた場合、30mm程のモルタル厚があれば、30mmのズレが生じなければ外壁は落下することはありません。30mm厚ということは、ズレが10mm移動しても落下しないということですから、目視で容易に亀裂を発見することもできます。さらに、この落下の前兆となる損傷状態から、躯体の損傷部位も容易に特定することができるはずです。

しかし近年の1~3mmのモルタル厚ではどうでしょうか。人間の目で1~3mmのズレを発見することは到底できません。したがいまして、今私たちが即座に損傷を把握しうる技術的方法は、決して大掛かりな大規模修繕をすることではなく、外壁のモルタルの塗り厚を広くとることと、確実な樹脂注入を行いさえすれば、人間の目による目視が単純でありながらも、最も確実な方法となるのです。

<<<前のページ          次のページ>>>


バナースペース

FSテクニカル 株式会社

〒125-0054
東京都葛飾区高砂1-22-15

TEL 03-5671-3134
FAX 03-5671-3090