本文へスキップ
FSテクニカル株式会社
TEL. 03-5671-3134
〒125-0054 東京都葛飾区高砂1-22-15
FST工法に引続き、2017年度3月16日FSNBアンカーも国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されました。
FST工法&FSコラム工法 登録番号:KT-150123-VR
FSNBアンカー 登録番号:KT-160150-A

FST工法FSTmethod

外壁改修工事をする場合は、壁面内部の剥離状況を把握しなければ、確実な施工は、できません。
→ 外壁の内部調査具をリースしています。←

FST工法とは? -> 外壁剥落防止技術

FST工法は、NETISに登録されている、新工法です。
NETIS登録番号:KT-150123-A
改修工事は三層浮きが基本
石、タイル、モルタル浮きの確実な施工を推進します。
多層空隙注入ノズル
FSノズル(特許)
共浮き防止機能付
ニュークイックの限界を超えた
FST工法
・低騒音、低振動、無粉塵
・空隙部の粉塵つまりなし
・何層の剥離層であっても、確実に樹脂注入が可能
・確実な外壁固定が可能
・穿孔時の共浮き、樹脂注入時の共浮きなし
・共浮き防止機能付
・施工の仕上がりが非常にきれい
・一般ピンニング施工の1/2の施工工程
FST工法樹脂注入試験後の状況
FST工法樹脂注入試験
0.1mmの空隙から何層でも樹脂注入が可能です
注入点が、任意の箇所に設定可能なため、
何層剥離の現場でも注入が可能!!
振動ドリルを用いた一般工法では、空隙0.5~0.6㎜でも
注入不良が発生します。もし樹脂注入がされたとしても、
仕上面の内部破損が発生します。
FST工法は、ビル外壁の剥離落下を防止する最も優れた技術です。10年間の生産物賠償責任保険による手厚い保証体制が確立されております。
従来よりタイル外壁、モルタル外壁の補修工法として、外壁を振動ドリルにより孔をあけ樹脂を注入し 全ネジピンを差し込み固定するピンニング工法と、外壁に孔をあけ金属系拡張アンカーを打ち込み、拡張アンカーの脳天より樹脂を注入して固定する注入口付アンカーピン工法があります。しかしこの二つの工法は樹脂の注入不良や、共浮き・剥離などの問題は解決していません。また、現在では従来工法の問題を改善した工法もありますが、まだまだ、不十分なであり、FST工法は、振動ドリルの欠点である粉塵詰りを解決した湿式二軸低騒音ドリルと多層空隙注入ノズルを使用し、樹脂注入不良や共浮き・剥離を解決した、新たな工法です。
FST工法T-2ドリル
T-2ドリル(湿式二軸低騒音ドリル)は、 従来のドリルの性能を飛躍的に高め、低騒音,低振動,無粉塵、高回転,高トルクと高い作業効率を実現しました。
樹脂注入作業においても、 FSノズル(多層空隙注入ノズル)の開発により全ての注入問題が解決されました。 これにより、最終工程のラージネックピン(キャップ併用首太全ネジピン)の使用をすることによって、外壁改修補強工事の安全な施工を実現しました。
FST工法FSノズル