本文へスキップ
FSテクニカル株式会社
TEL. 03-5671-3134
〒125-0054 東京都葛飾区高砂1-22-15
FST工法に引続き、2017年度3月16日FSNBアンカーも国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されました。
FST工法&FSコラム工法 登録番号:KT-150123-VR
FSNBアンカー 登録番号:KT-160150-A

FST工法FSTmethod

FST工法の特徴

外壁仕上面内部の状況を確認しなければ、施工条件は決まりません。

事前調査

FST工法専用内視鏡により仕上面部調査を実施

・仕上面厚さの確認

・剥離幅の確認

・剥離層の確認

以上の確認事項によって、樹脂の注入量及び、樹脂の付着強度、ラージネックピンの長さ及び、施行条件が決定します。

ドリルの改良

湿式化 : 低騒音、低振動、無粉塵、剥離部への粉塵詰りをなくしました。
性能の向上 : 二軸構造による、穿孔精度の向上、高回転、高トルクを実現しました。
穿孔刃の改良 : 特殊ステルス構造化により、穿孔時のかじり、振動、騒音、粉塵詰りをなくし、穿孔能力を従来の2倍にまで改良しました。

ノズルの改良

注入ノズルを手動により伸縮させ、長さを自由に調整できるようにし、一層の剥離、二層の剥離、三層の剥離、四層の剥離、五層の剥離、どのような剥離層にも、注入口を停止し、樹脂注入をすることができるようにしました。

共浮き防止機能付 : 樹脂の注入時、仕上面内部に過剰に圧力がかからないように注入バルブが約10kg/cm2fで作動し、圧力が逃げる機能を付けました。

全ネジピンの改良

全ネジピンの端部をキャップ化し、仕上面の抜け落ち防止構造としました。