FST工法講習会

当社・教務部(FST工法管理事務局)は、FST工法各講習会を工業会会員会社毎に案内し企画・開催しております。定員制(9~12名程度)です。詳細についてはお問い合わせ下さい。講習会の基本の一つとして全国共通の施工レベルを目的としており、どの講習会であっても弊社教務部による同じ判断基準での運営開催及び採点評価が必須です。新規講習会の合格率は80%程(更新は90%程)です。尚、緊急の開催や現場ありきの開催は出来ません。遅くとも2か月以上前までに講習会担当へご相談ください。新規・更新共に講習会受講およびテストに合格した者しか施工には従事出来ません。

各会員会社のFST工法管理担当の方は、施工士・管理士(旧称・検査員)資格修了証を有する者の期限を確認・把握しておいてください。基本的に有効期限月の更新講習会を開催・ご案内致します(管理士講習会については、工業会技術部会からの各資料も精査・校正しつつ、会員会社単位開催を基本に開催しております)。 期限切れの者や所属が変わった方は失効して施工に従事出来ません。また実際の施工で工法違反やお客様からクレームが生じた場合も失効致します。改めて新規講習会及びテストを受講・合格して下さい。

また事前調査及び調査報告書作成、工法管理・検査・指導等において会員会社毎に管理士(旧称・検査員)を配する事も必須です。その為の管理士講習会は会員会社単位での開催を基本としております。FST工業会で加入している生産物賠償責任保険に必要な書類(事前調査報告書、各検査報告書)の原本、作成・取り扱いについてご不明な点は弊社営業担当へお問い合わせください。

*現在、コロナ禍の影響を鑑みて対応しておりますのでご了承ください。

FSテクニカル㈱ 教務部 FST工法管理事務局  FST工法各講習会運営 資格 担当:玉野  TEL.03-5671-3134

FST工法講習会の日程

2021年度~

  •   1月 5〜 6日   関東 / 施工士・新規(貸切)
  •   1月18日      関東 / 管理士(貸切)
  •   1月19日      関東 / 管理士(貸切)
  •   1月27〜28日   関東 / 施工士・新規(貸切)
  •   2月 1〜 2日   九州 / 施工士・新規(受付終了)
  •   2月 7日      関東 / 施工士・更新
  •   2月10日      関東 / 施工士・更新
  •   2月12日13日   九州 / 施工士・新規(受付終了)
  •   2月16日      関東 / 管理士(貸切)
  •   2月19日20日   関東 / 施工士・新規(貸切)
  •   2月21日22日   関東 / 施工士・新規(貸切)
  •   2月26日27日   関東 / 施工士・新規(貸切)
  •   3月 1日 2日   関東 / 施工士・新規(貸切)
  •   3月 7日 8日   関東 / 施工士・新規
  •   3月 9日      関東 / 施工士・更新
  •   3月22日      関東 / 施工士・更新
  •   3月末        関西 / 施工士・更新

3月~ 関西・更新(会場が決まり次第、案内開始)

3月~ 北海道・新規・更新・管理士(予定)

4月~ 九州・新規(予定)

※管理士講習会 要相談受付中

※令和4年 1月20日に内容更新しております。記入されてない日程に関しては弊社・教務部にお問い合わせ下さい。

*上記の日程の他に施工士・新規講習会及び管理士講習会のご希望等がございましたら、希望開催日の2ヶ月前までにはご相談ください。

*通常の弊社営業所単位のオープン開催だけでなく、会員会社別・少人数での開催も行っていますのでご希望がございましたら重ねてご相談ください。

*本年もオミクロン株を主とするコロナ禍が拡大しております。特に自覚症状がなかったり重症化リスクが以前よりは少ないかもと言われていても

全く予断を許さない状況である事には変わりありません。よって引き続き講習会を受講される各会員会社におかれましては受講者の普段からの健康管理と

受講時の対応・衛生管理などの指示・確認をお願い致します。

定員もこれまで通りにて密を避けつつ、直接一人一人に目が行き届かせての指導・教授、質疑応答などやり取りが出来る環境・人数で展開致します。

*FST工法各講習会・開催要望・資格関連、更新・有効期限についてのご相談や、講習会関連全般に関しましては教務部 講習会担当・玉野まで

直接ご相談下さい。

*2022年期の日程については更新対象者や新規・管理士希望等の集計を取りつつあります。以前のように定期開催の日程を組みつつ会場と調整して、

これまで通りに調整したいと存じますので、よろしくお願いします。特にコロナ禍の影響でとてもお忙しいと存じます。混乱を避けるために

施工士養成はお早めにご検討ください。

*昨今、営業展開やHPなどを参照にしてかなり情報収集をしてから、弊社へ工法や施工評価などの問い合わせが散見されます。そういったお客様に対して

真摯に対応や情報提供をしていきたいと思います。